CATEGORY

  • カテゴリーなし
  • 2019.2.9水没修理

    iPhoneSEの水没のお客様

    丁寧な説明でわかりやすかったです、

     

    完全な復旧ができず心苦しいですが、ありがとうございました。

    2017.5.6水没修理

    iPhoneが水没してしまった時は

    房神田店です!

    当店は毎日10時~21時まで営業しております!

    今日はとてもいい天気ですね!

    お出かけなさってる方も多いのではないでしょうか?

    神田駅周辺も多くの方で行き交っております!!

    今日は皆さまのiPhoneが水没してしまった時に取るべき対応をご紹介していきます。

    水没はデータの破損の原因となる場合が多くあります。

    インターネットにはドライヤーで乾かすなど 水没させた時の対処法を載せているサイトが多くありますが、 iPhoneに内蔵されているリチウムイオンバッテリーはほんのわずかな水分でも浸食・腐食が始まり、 最悪、破裂・液漏れ・発火などの事故が起こりかねません。

    なので、速やかに修理することをおすすめいたします! もしも水没・浸水してしまった場合の、 決してやってはいけないことを4つ紹介いたします。

    1 水没直後、iPhoneの電源を入れる

    水没直後は気が動転して、とりあえず電源を入れてiPhoneが起動するか確かめようとする場合が多いと思います。 しかし、これは絶対にやってはいけないことなのです! 電源を入れてしまうとiPhone内部の金属部品類と水分に通電し化学反応が起き、電源回路がショートしてしまう場合があります。 また、電子回路部分に水分であるイオンが接触することによって酸化が進行し、 サビ発生の原因になってしまいます。なので、これだけは絶対にやめて頂きたい行動の一つです。

    2 iPhone本体へのドライヤーなどでの加熱

    これが一番やられている対処法ではないかと思います。 「ドライヤーで乾かしたら復活した」 「こたつに入れたら直った」など 熱によって乾燥させる様々な対処法がインターネットに出回っています。 実際に電源が入った例もあります。 しかし、直ったように見えるiPhoneの内部は、 水と熱により基板が損傷してしまい結果的には寿命が短くなってしまう可能性があるのです。

    3 本体内部の水分飛ばすため激しく振る

    激しく振ることで内部の水分が拡散、 結果的に水没部分が拡大してしまう行為となりますので、逆効果の対処法です。 また、本体内部で使用している接着剤へのダメージの拡大にもつながります。

    4 充電しようとする

    水没してしまったiPhoneを拭いて、充電し復旧させようとする方がいると思います。 しかし、水没直後のiPhoneの充電やパソコンとのUSB接続は、 電源を入れる行為と同じような現象が起こると思われます。

    水没してしまった場合のiPhone水没時の応急処置としましては

    1.絶対に電源を入れない、充電しない、振らない

    2.カバー類はすぐはずす

    3.すぐにSIMを抜いて水分をふきとりティッシュにくるんで大事に保管

    4.ヘッドフォン端子、Lightningコネクタの水分をティッシュを紙縒りにして吸い取る

    5.本体をティッシュでくるんで水分を吸い取る

    こちらの応急処置をして、なるべくすぐ当店にお越しください! 水没の修理ですと、混み具合や症状、店舗によって変わってきますが、だいたい4時間ほど頂きます。 データは、お直し出来れば基本的には残っていますが、 浸水の状況によってはデータが消えてる場合や修理するのに初期化が必要になる場合もあります。

    その場合、別途サービスとなりますが、データだけでも復旧させてほしいです!

    お見積りから修理に対する不安ごと、お悩みございましたらお気軽に当店にお問い合わせください(*^▽^*)

    JR京浜東北線・JR山手線・JR中央線・東京メトロ銀座線神田駅から徒歩1分!!

    お客様のiPhoneの修理を最大限努力させていただきます!!

    ご予約や修理のお見積もりはこちらまで

    お気軽にお問い合わせください!

    東京都千代田区内神田3-9-5内神田大原ビル

    TEL 03-3251-7770

    iPhoneの修理ならiPhone修理工房へ!
    神田店

    TEL:03-3251-7770(営業時間10時〜20時)